MENU
>>ブレイキングダウン6を最安価で視聴するならこちら<<

【2022】羽生結弦の引退理由まとめ!プロ転向した理由とその後の活動内容を紹介!

羽生結弦の引退理由
スポンサーリンク

2022年7月18日に羽生結弦選手が引退会見を行いました。
「ユヅ」の愛称で知られる羽生結弦選手が第一線を退くとなると日本のフィギア界に大きな穴があいてしまいますね。

なぜ羽生結弦選手は引退を決意したのでしょうか?
またその後の活動内容はどういったものなのでしょうか?

今回の記事では
・羽生結弦の引退理由まとめ
・今後の羽生結弦の活動内容

についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

羽生結弦|引退理由まとめ

羽生結弦引退理由①|北京冬季オリンピックでの敗退がきっかけ

正直羽生結弦選手の引退理由の一つとして
2022年に行われた北京冬季オリンピックでの敗退が起因していると推測します。

・2022年2月に開催された北京冬季オリンピックでの敗退(4位)

その直近では国際大会【2021年度世界選手権】が開催されており、
・鍵山優馬選手が2位
・羽生結弦選手が3位

この結果を見て、一部の層からは世代交代を噂されていました・・・

勝ち続けている状態での引退はあり得ませんので、自身で悟ったのかも知れません。
またファンに堕ちていく羽生結弦を見せたくなかったのかも知れません・・・

羽生結弦引退理由②|年齢による運動能力の低下

一番直近の戦績として、2022年2月に行われた北京冬季オリンピックで4位という結果でした。
そのショートプログラムで羽生結弦選手は前人未到の4回転半にチャレンジしています。

結果、回転力不足との判断で認められず・・・

年齢に伴った運動能力低下により敗退していった選手の一例を挙げてみます。
・有名なプルシェンコ選手は30代でも現役継続
→しかしながら10代の羽生結弦選手に敗れました。

この経験から羽生結弦選手自身も年齢の問題については認識されていると思います。
世間的にも立証されていることであり、やはり30歳手間では運動能力低下は避けられない事実なのでしょう。

羽生結弦引退理由③|世界的スターの誕生

4回転半にチャレンジするも失敗してしまった羽生結弦選手。
そんな中、17歳のマリニン選手という方が前人未到の4回転半ジャンプクワッドアクセルに成功しました。

4回転半ジャンプクワッドアクセルに成功したマリニン選手

羽生結弦選手自身も、過去に若い選手の中の一人として、世界に名を轟かせました。
世界中に優れた人材は眠っています。同じように次から次へと世代は交代されていくのですね・・・

羽生結弦引退理由④|羽生結弦が自分を認め、成績に満足した

羽生結弦選手は引退表明についてのインタビューで真意について語られていました。

「これから競技会に出るつもりはない。結果に対して取りたいものは取れた」
「自分の理想を追い求めるのは競技会じゃなくても出来る」
このように発言されていましたね。

かなりの重圧を背負って競技を続けた羽生結弦選手。
オリンピックでの二連覇は「自分の頑張りを証明出来た場所」と表現し
「これからも全力でスケートに向き合い、結果も求めていきたい」と自分の想いを記者に届けていました。

スポンサーリンク

羽生結弦選手はプロじゃなかったの?

「えっ羽生結弦選手ってプロじゃなかったの?」と思れる方が多いのではないでしょうか?

羽生結弦選手はフィギアスケートのプロではありません!

野球選手やサッカー選手は仕事はせず、競技を行うことでお給料を貰っているプロと呼びますが
フィギアスケートでは少し違ったものになっちゃうんですよね。

プロとは?

【そのスポーツをすることを生業にしている人のこと】

フィギュアスケートの競技選手は、 競技を続けるための活動資金を得るため
スポンサー契約を結んだり、選手としての知名度を利用してのCM出演等の商業活動がある程度認められています。
しかしながら 「生業にしている(生計を立てるための収入を得ている)」 のとは少し違います。

つまり羽生結弦選手は競技選手であり、プロではなかったわけです。

現役中は、大会での優勝賞金は1,000万円からと言われており、
実際は練習や用具、トレーナーなどへの報酬などで、自己負担割合が大きく、その中身は赤字が多いそうです。

選手として自立するためには、トレーナーが不可欠で、オリンピック競技に参加しようとするなら、グランプリシリーズ二戦、グランプリファイナリストなどの経験が必要になり、かなり狭き門です。

そのため、フィギア選手の多くはバックにスポンサーを持っており、CMや大企業が宣伝も兼ねて出資しているのが現状ですね。

引用:平均年収JP

フィギアスケート選手は実質のところ、名が売れていないと実費が多く
相当厳しい環境でスポーツ選手として生活しています。

そのような中、ここまでの成果を挙げ、日本のTOP選手として頑張り続けた羽生結弦選手は本当に素晴らしいです。

スポンサーリンク

フライング報道に羽生ファンが激怒!

今回の羽生結弦選手の引退情報は本人ではなく、メディアがフライング報道しました。
これに羽生結弦熱烈ファンが大激怒!
羽生結弦選手へのリスペクトが欠けているなどの意見が多く見受けられました。

羽生結弦選手自身も「大事なことなのです自分の口から言いたい」と発言されていたようなので
これを聞いたファンが激怒するのは無理もありません・・・

スポンサーリンク

羽生結弦|今後の活動内容

今後の活動①|4回転半チャレンジの継続

羽生結弦選手はやはり4回転半の実現を諦めきれないようです。

「理想としているフィギュアスケートという形を追い求めるのは、競技会じゃなくてもできると思っている」

引用:iza

「本当に緊張してます。かんだりしても許して下さい。競技者としてのほかの選手と比べられ続けることはなくなりますが、自分を認めつつ、自分の弱さと、過去の自分をみつめつつ、4回転半ジャンプにも挑戦する」

引用:GLOBE


「成功させる舞台は競技会だけとは限らない」
「プロの舞台でも4回転半を追い求めることが出来ます!」
とお話しされており、舞台を変えてもチャレンジを続けるとのことです。

既に他選手が達成されている4回転半ですが、二人目の成功者になれるよう頑張っていただきたいです!

今後の活動②|スポーツ解説者として活動

スポーツ選手が現役引退後「スポーツ解説者」として起用されるパターンは珍しいことではありません。

恐らくフィギアスケート国内大会では、スポーツ解説者としての羽生結弦さんを見る機会が増えるのではないでしょうか。
競技力だけではなく、お話しのされた方やフィギアに対する想いが熱いこと、知名度的にも
多くのオファーが掛かることは間違いなしです。

その他には世界王者として君臨していた実績から『オリンピックレポーター』として起用される可能性も高いですね。
今後も羽生結弦選手の顔をテレビで見れることになるので非常に嬉しいことです!

今後の活動③|アイスショーでの活躍

羽生結弦選手は過去に「自身が座長のアイスショーを設立したい」と話しています。

現役を引退した浅田舞選手なども
プロへ転校後、自身が座長を務めるアイスショーを全国各地で開催していますね!

プロフィギュアスケーターの浅田真央(31)が4日、東京都内で自身が手がけるアイスショー「BEYOND」の開催発表会見に出席した。今回のショーは“過去の自分を超えて進化する”がテーマ。9月10日の滋賀県立アイスアリーナを皮切りに来年3月19日の東京・アリーナ立川立飛まで17都市、約70公演を全国ツアーで回る。

引用:中日スポーツ

羽生結弦座長率いるアイスショー、人気が出ること間違いなしです!

今後の活動④|プロ転向後、テレビ初!24時間テレビ2022出演

羽生結弦選手がプロ転向後、テレビ初となる出演が決定しました。
舞台は「24時間テレビ2022」
毎年恒例のアイスショーを披露してくれるそうです。

詳しくはこちらにまとめております。

この舞台で4回転半にチャレンジする可能性があるのでは?と推測しています。
コロナの影響で昨年度まで無観客でしたが、今年からは有客席となるので盛り上がること間違いなしですね。

スポンサーリンク

超速報|羽生結弦引退表明会見(動画)

こちらは羽生結弦選手の引退表明会見のフル動画となっています。

さまざまな想いを抱え、壇上に立つ羽生結弦選手。
引退と聞けばネガティブに聞こえますが、「まだまだ伸びしろはある。成長を続けたい。挑戦を続けたい」と
前向きなコメントが目立ちました。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・羽生結弦の引退理由まとめ
・今後の羽生結弦の活動内容

についてご紹介してきました。

羽生結弦選手のプロ転向に世界中は驚きましたが、引退記者会見では前向きなコメントが多く
安心したファンの方もおられるでしょう。

羽生結弦選手が大好きな方々は競技場での姿を見れないことを残念がっておりますが
舞台を移すだけで、何ら変わりはありません。

アイスショーやスポーツ実況など
まだまだメディアへの露出は多くあることでしょう!

更には4回転半という偉業を達成すべく今後も努力を続けていくということで
今後も応援していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次